<プロフィール>
1956年東京に生まれる。1960年から横浜に在住。地域のオルガン、ピアノ教室で学ぶ
中学校で吹奏楽に誘われトロンボーン・トランペットを吹きながら指揮や作曲・編曲を試みる。ストラヴィンスキーの作品に影響を受ける。
中学生2年横浜市中学生作曲コンクール入選。
中学生3年横浜市中学生作曲コンクール優秀
その後も作曲コンクールや地域の校歌などに応募。
大学時代イタリアオペラに惹かれスコアの研究をする。
大学卒業後、1980年横浜シティ・フィルハーモニックを創立。高校教師として吹奏楽部のコンクールや定期演奏会の指導をしながら、オーケストラ活動を続け現在に至る。
管楽器アンサンブルや吹奏楽の編曲、管弦楽の編曲などを独学ながら実践的に行い、コンクールや演奏会で使用。最近では出版や作曲にも精力的に取り組んでいる。
主な作品
「3つの管楽器のためのMMM変奏曲」
「吹奏楽のための幻想曲」
ファンファーレ「未来への飛翔」
「未解決な世代 UNSTABLE GENERATION (サックス5重奏)」(2017)
2017年「鉄(くろがね)の輝き」米原市立米原中学校吹奏楽部委嘱(JR西日本SL北びわこ号30周年記念式典で演奏(ファンファーレ)↓youtube
youtube1 youtube2 youtube3
2017年「りゅーと新潟フィルハーモニー管弦楽団」創立記念演奏会へ小管弦楽用の編曲を提供。初演
2018年「トスカファンタジー(中編成)」を米原市立米原中学校吹奏楽部委嘱でリメイク
2018年チャイコフスキー「四季」よりを新栄高校吹奏楽部委嘱でリメイク(7人でB編県大会進出)
2018年二宮町PR曲「菜の花畑のニーノ」(吹奏楽版)を編曲
2018年バルトーク「ルーマニア民族舞曲」を旭陵高校吹奏楽部のために小編成編曲
2019年新潟市民歌「砂浜で」 小管弦楽に編曲
2019年「りゅーと新潟フィルハーモニー管弦楽団」へ小管弦楽用の編曲を提供。
2019年サン=サーンス「動物の謝肉祭」よりを清新女子高等学校吹奏楽部委嘱でリメイク(小編成)
2019年Jシュトラウス「こうもり」第3幕よりを新栄高校吹奏楽部委嘱で小編成編曲

他編曲多数

<技術論>
音程について 音程の考え方

細かい音型のさらい方 難しいパッセージのおさらい

ホールを味方にすること ホールを活かそう

練習のバランス なにを重点において練習をするか

pizzについて pizzは難しい

選曲について 演奏会と選曲の考え方

<初中級者向け吹奏楽アレンジ講座>(準備中)

<ひとりごと1>

 いろいろな音楽活動を続けてきて、ここ10年finaleを使って楽譜の「浄書」を行ってきました。その中で、過去楽譜にはなっていたけれども一度も演奏した経験のないものも、Finaleがコンピュータ上で演奏してもらえるようになりました。押し入れにしまってあった中学校や高校の時に作品などを演奏してみると、なにか過去の自分に向き合うような恥ずかしさと楽しさがあります。

 その中でFinaleで音源をつくる限界も感じており、つまり楽譜はとても不完全なメディアであることを再認識してきており、それがまた演奏活動の指導などに反映してきました。視聴できる音源もfinaleでつくったものはうまくいかない部分がありますが、すこしずつ整備していこうと思っています。

 当面かなり書き溜めたアレンジ譜でdata化してないものを整理しながら、過去委嘱して出版されていない尾形敏幸さんの作品の整備、演奏機会の多いアンサンブルを中心に自分の世界で受け入れられるものの模索などをやっていこうと思っています。


<ひとりごと2>
 いまの吹奏楽の現状をみると、コンクールの過剰や一部の学校とその他の学校の2極化など問題点も感じますが、その中で指導や楽器の販売修理や楽譜販売などおおきな産業界の一部を担っていることは言えると思います。
 しかしながら吹奏楽というジャンルを「どう育てていくのか」という点で疑問を感じる部分もあります。おそらく管弦楽の世界では「親子三代で10年ずつ活動していれば皆一度は新世界をやったことがある」というようなことは普通だと思いますが、そういうレパートリーを吹奏楽が考えているのか?
 昨今のレンタル楽譜の過剰、新作の使い捨て、審査員の知らない曲を探して評価を得ようという姿勢、などがそういうことをさまたげているし、また本来「ホルストの組曲」とか「イギリス民謡組曲」とか「スーザのマーチ」とか、そういう「吹奏楽の古典」のような位置を占めるべき曲がきちんと楽譜化されていないことに大きな疑問を感じます。まあ、もうからないから整備されないのでしょう。それは指導者の問題でもあると思います。

 また、アマオケの活動も続けていて思うのですが、これからの世代が管弦楽などに興味をもつのか今後の活動は大丈夫か?という点も思う部分があります。クラシックを聞いている中高生とかはすごく減っているようだし、最近の学生は楽譜も全然読めないし、なんでも「耳コピ」でyutubeの音源ですませてしまうとかなにか調べてもネットで安易にしらべて解決してしまから、自分で音符を拾わない自分で物事を考えないなどがどんどん進んでいる。
 一方では楽器をやっている人口は増えていて技術は上手くなってはいるけれども、かなりアンバランスな感じがしてしまう。それは教育の問題でもありますね。


<ひとりごと3>
今の学生は本当に楽譜読めないですね。どうも小中からの学校教育がどこか間違っているのではないか。音楽は皆好きで以前よりも積極的なことはできるのですが、楽譜は全然読めません。慣れてくるとできるようになるのですが、覚えてしまうまでとても時間がかかります。まただいたいからきちんとになかなかなりません。
本当に邦楽とかにふれる時間(音楽の先生も指導とか不十分なのに)が重要なのでしょうか?ちょっと疑問ですね。

<ひとりごと4>


トップに戻る

すべての連絡は

下記↓へ「FAX」「TEL」「Email」をお願いします。折り返し連絡いたします。
045−320−6385 
(石井 誠一)